BLOGブログ
トップページ > ブログ > お役立ち情報 > VOL.4 1坪は何㎡?2×4(ツーバイフォー)って何?

VOL.4 1坪は何㎡?2×4(ツーバイフォー)って何?

建築の世界には色々な寸法や単位が出てきます。

今回はその中から、今後の皆さんに役立ちそうな単位についてお話したいと思います。

まずタイトルにも書きましたが、「1坪」って「何㎡」かご存知ですか??

土地の広さ、お住まいやお部屋の広さを表すのに、「㎡」とか「坪」とか「畳」とか

使いますよね?下図をご覧ください。

それぞれはこんな関係性になっています。

なので、○○㎡を□□坪に換算したいときは、0.3025を掛けてみてください。

そうすると「㎡」を「坪」で表すことができます。

(例)100㎡=100×0.3025=30.25坪となります。

 

では次は『2×4』について。

「ツーバイフォー」って言葉を耳にされたことってあると思います。

「ツーバイフォー工法」とかって使います。

これは木材の規格の名称で、木口の厚さが2インチ、幅が4インチである

ことから、2×4材などと呼ばれています。

また、規格化された木材と合板を用いてつくられる「枠組壁工法」のことを

通称で「2×4工法」と呼びます。

ただ、実際の2×4工法に使われる2×4材は、

2インチ×4インチではありません。

2インチ(50.8㎜)×4インチ(101.6㎜)の木材を乾燥させ、

カンナをかけて製材するため、流通している材は

38㎜×89㎜となっています。

 

弊社は2×4工法のお住まいも、2×6工法のお住まいも

手掛けさせていただいていますが、2×6材は同様に

38㎜×140㎜となります。

(ちなみに話はそれてしまいますが、2×4工法に比べ

2×6工法は壁が厚くなりますので、その分断熱材も厚くすることができ、

断熱性能はよりUPします。)

以上今回は数字のお話になりましたがいかがでしたでしょうか。

お住まいをお考えになるときは、色々な資料を参考にされると思います。

「㎡」や「坪」や「畳」に換算できると

見え方も違ってくるのではないでしょうか。

 

MODEL HOUSE展示場のご案内